千葉でタヒチアンダンス♬ タヒチ・フィットネスで「キレイ」と「健康」が手に入る!〈新クラス〉

みなさん、おはようございます!

タヒチダンスフィットネスジャパンのMegumiです☆

本日は新しいクラスのお知らせです。

この度、千葉でも「タヒチフィットネス」のクラスがスタートすることになりました‼︎

京葉線「検見川浜」駅から徒歩1分のイオンにある美浜カルチャーセンターで、毎週土曜日10:15〜からクラスを実施します。

詳細は美浜カルチャーセンターのウェブサイトで!

http://www.culture.gr.jp/spn/detail/mihama/itemview_22_903030177.html

9/29と10/6は体験レッスン¥540☆

ダイエットしたい、アンチエイジングでいつまでも元気でいたい、友だちや仲間を増やしたい…

そんな方にぴったりです。

年齢や経験、体型問わず、ご参加いただけます。

現在東京では約15名が所属、そしてシンガポール・韓国、ノルウェーなど世界各国で150名もの仲間がいるタヒチダンスフィットネスのコミュニティー。

あなたもその一員になって、自分を輝かせてみませんか?

千葉方面のみなさんと一緒に楽しくダンス・運動できるのを楽しみにしています♬

海外旅行先でもいつものダンス、いつものトレーニング! インターナショナルなダンススクールで世界中のメンバーとつながれます

 

みなさんこんにちは!

タヒチダンスフィットネスジャパン(TDF Japan)のMegumiです♪

 

今日はブロガーとして活躍しているHarukaちゃんに会って、ブログ更新のヒントやモチベーションをもらいました!

なのでがんばって更新します。

 

国境を超えても、仲間に会える!

先週は、シンガポール校のメンバーが立て続けに遊びに来てくれる楽しい1週間でした。

(ビデオはシンガポール本校のアシスタントメンバーによるウォームアップ♪)

海外や旅先で、いつものダンスができる。いつものトレーニングができる。

これってうれしくないですか?

 

もちろん現地のジムに行ったりすれば、同じようなトレーニングはできるかもしれません。

でも、タヒチダンスフィットネスは、同じスクール名。同じロゴ。

そして同じPhilosophy(フィロソフィー、理念)をもった仲間がいて、共通の話ができる。

もちろんトレーニング内容も、それぞれの国で個性はあっても、同じ。

初めて会ったほかの国の人たちと、同じ振り付けのダンスができるんです!

 

どんなに忙しくても、タヒチフィットネスだけは欠かせない?

 

遊びに来てくれたのはシンガポール本校に数人いる日本人メンバーのうちの2人。

日本の実家などに一時帰国している最中に、クラスに出席してくれたんです。

 

私も経験あるのですが、海外に住んでいると、日本に帰れるのは貴重な機会。

多くても1年に2〜3回帰れればいいなというぐらいでした。

 

そして久しぶりに帰ってくるからには、スケジュールは多忙なんですよね。

家族との時間はもちろん、友人にあったり、銀行や市役所などの事務をこなしたり、歯医者など病院に行ったり…

そんな中で時間を作ってタヒチフィットネスをしに来てくれた2人。

本当にありがとうございました!

シンガポール本校のメンバーとタヒチフィットネスジャパンのレギュラーメンバーのみんなで♪

 

 

タヒチアンダンスで筋肉痛? コアトレーニングの効果

みなさん、こんにちは!

タヒチダンスフィットネスジャパンのMegumiです♬

今朝はオンラインでZoom早朝英会話レッスンを一本教えて、お昼からは運営をお手伝いしている「オーガニックランチ会」へ参加してきます。

さきほど駅の階段を上がったとき、まだ太ももの筋肉痛が残っていることに気づきました!

じつは今週水曜日のタヒチフィットネスのクラスでは、コアトレーニングのパートでスクワットを重点的にやったんです。

腰や膝を痛めないポジションで、タヒチの音楽とステップに合わせて、楽しく、じっくり。

毎週かかさずトレーニングをしていても、たまにこうやって筋肉痛になることがあります。

でも、これってうれしいサインなんです。

「ふだん使っていない筋肉を鍛えられた」

「このパートがトレーニング不足だと気づける」

「鍛えた!という達成感」

こんな風に前向きにとらえられます。

何年やっても、気づきや学びの連続ですね。

いつまでも成長し続けられるってうれしいです。

それではみなさん、ステキな週末を!

タヒチアンダンスは短時間でも効果ありと再確認!シンガポールのfa’arapu動画チャレンジに参戦しました

みなさん、こんにちは!
タヒチダンスフィットネスジャパン(TDF Japan)のMegumiです♪

 

今日はシンガポールの建国記念を祝うナショナル・デー。

シンガポール本校から始まった動画チャレンジに、日本からも参加しました🇸🇬✨

シンガポールのナショナル・カラー赤、白を身につけて、fa’arapu というタヒチアンダンスならではの腰を回す動きをビデオ撮影して、投稿していきます。

この撮影のために5分ほどfa’arapu をしたのですが、もうそれだけで汗だく

お尻を素早く回すこの動き、実は太ももや腹筋など、体幹の筋肉をすごく使うんです。

数分続けるだけで、外をランニングをするくらいの効果があるんですよ〜✨

 

難しそうに見えるかもしれませんが、じつはコツをつかめば誰にでもできちゃいます。

体験レッスンにいらっしゃる方も、みんなだいたいできるようになってお帰りになりますよ♬

チャレンジしたくなった方は、ぜひ体験レッスンへ!

 

 

パーソナルアロマカウンセリングで南国のビーチの香りを作ってもらいました!

みなさん、こんにちは♪

タヒチダンスフィットネスジャパン(TDF Japan)のMegumiです。

 

先日、「話し方」講座が人気のフリーアナウンサー神原智己さんにご縁をつないでいただいて、株式会社フルールアロマ代表の島津美加さんにお会いしてきました。

島津さんは一流のホテルなどにも香りを提案されているすごい先生です。

2018年7月、青山にある隠れ家のような一軒家にサロンをオープンし、個人向けパーソナルアロマカウンセリングや各種講座などを提供しています。

一軒家のサロンは雰囲気たっぷり

 

海の香り、潮の香り、南国のビーチの香り…どうやって作るの?

 

まずはどんなイメージの香りがいいのか、ヒアリングからスタート。

カウンセリングの前にお話をさせていただいた中で印象的だったのは、自然界には「○○の香り」という単一の成分は存在しないということ。

例えば「ローズの香り」一つをとっても、そこには数多くの香りの成分が存在し、それが組み合わさっているのだそうです。

とくに自然界、「海」や「森」の香りって、いろいろなものがまざっているイメージがあります。

そして私が欲しかった香りはこちら。

南国のビーチ、太陽、トロピカルフラワーのイメージで、元気でハッピーになる香り

島津さんは天然のエッセンシャルオイル(精油)だけを利用してパーソナルアロマを調合してくださいます。

エッセンシャルオイルにはもちろん「海の香り」なんて存在しません。

ラベンダー、イランイラン、レモン、ローズマリーetc..数あるオイルを10種類以上組み合わせ、オリジナルの香りを作成してくださいます!

 

魔法にかかったような気分!

 

島津さんが目の前で調合してくれて、最初のアロマオイルができあがりました。

香りを確認しながら、微調整を行っていきます。

 

差し出されたテスト紙(オイルを染み込ませたもの)を嗅いだ瞬間の衝撃!

3月にタヒチダンスフィットネスのキャンプで滞在したプーケットのリゾートのイメージが目の前にぱっと広がりました。

私がイメージする南国のビーチの香りがそこにありました。

プーケットの思い出がよみがえりました

これは本当におどろきです。

カウンセリングの前に島津さんがブレンドした香りをいくつか嗅がせてもらったのですが、そのどれとも違う。

そして「ラベンダー」や「イランライン」など、言ってみれば「海」というイメージからはどれも離れている香りたち。

これが島津さんの手で組み合わさると、私が欲しかった「海」をイメージする香りになるんです。

 

使い方はいろいろ! ダンスクラスにも! 

オリジナルの香りで毎日ハッピーに

 

パーソナルアロマカウンセリングでは、オリジナルの香りの精油10ml + ルームスプレー 150ml+ ボディオイル 7mlの3点がセットになっています。

精油はお部屋にディフーズしたり、ボディオイルは香水のようにも使えますね。

先週土曜日のクラスではさっそくスタジオにルームスプレーを振りまいて、生徒さんたちにも南国のビーチの香りでクラスを楽しんでもらいました!

 

また、分量などブレンドの詳細はデータが残りますので、再オーダーも可能です。

 

自分にぴったりな、自分だけの香り。

市販のアロマ製品では得られない特別な体験を手に入れてみませんか?

 

 

タヒチアンを踊るならみんな大好きTe Vaka(テ ヴァカ)。ディズニー『モアナと伝説の海』のあの歌も♪

みなさんこんにちは!

タヒチダンスフィットネスジャパン(TDF Japan)のMegumiです。

東京ディズニーランドの新しい「イッツアスモールワールド」にモアナも登場♪ ハワイではなくタヒチコーナーにいるのがうれしいポイント

今週から「タヒチフィットネス 」のクラスで新しい振り付けをスタートしました。

今期の曲は、Te Vakaが昨年リリースした新曲『Lakalaka』。

見る方はもちろん、踊る方も楽しくて仕方なくなる振り付けをタヒチダンスフィットネス代表のBeaが付けてくれました!

タヒチダンスフィットネスの「タヒチフィットネス 」は、運動やダンス経験がゼロの人でも1サイクルの6週間で必ず踊れるようになるプログラム。

8月から2人新メンバーがクラスをスタートするし、みんなでこの曲を完成させるのが楽しみです。

Te Vaka(テ ヴァカ)とは?

タヒチアンダンスをやったことのない人には馴染みのない名前かと思いますが、Te Vaka(テ ヴァカ)はバンド・グループ名です。

じつはTe Vaka(テ ヴァカ)はタヒチではなく、ニュージーランド出身

ニュージーランド?と不思議に思う方もいるかもしれませんが、ニュージーランドはポリネシアに位置し、トケラウやクック諸島など太平洋に浮かぶポリネシアの島々も領土になっています。(先住民マオリのハカも有名ですよね!)

またトンガやサモアなど近隣の太平洋諸島からの移住者も多いようです。

Te Vaka(テ ヴァカ)で作詞・作曲を主に担当するOpetaia Foa’i(オペタイア・フォアイ)はサモアの出身ですが、父親がトケラウ出身、母親がツバル出身ということもあって、その歌詞のほとんどはトケラウ語

Te Vaka(テ ヴァカ)の音楽はパシフィックスタイルやサウス・パシフィック(南太平洋)フュージョンで、演奏にはパテやパウなどの伝統的な打楽器が用いられます。

またツバル、サモア、ニュージーランドなどのポリネシアン・ダンサーもメンバなので、Te Vaka(テ ヴァカ)のパフォーマンスはタヒチアンダンス、ポリネシアンダンスをする人たちにも大人気なのです。

曲の中にはグループメンバー内の主な母国語であるサモア語やツバル語で書かれたものもあります。

参考:Wikipediaより(日本語のウィキペディアはまだ存在していないようです)

ディズニーもインスパイアされたその世界観。『モアナと伝説の海』は、Te Vaka(テ ヴァカ)がいたからできた!?

 

1997年に活動をスタートしたTe Vaka(テ ヴァカ)。

2002年にBBC(イギリスのNHKのようなものです)ラジオのワールドミュージック・アワードにノミネート

その後ニュージーランドやオーストラリアの音楽賞も受賞し、ヨーロッパの音楽フェスや北京オリンピックでも演奏するなど、活動の場を世界に広げていきます。

そして2015年、Te Vaka(テ ヴァカ)はウォルト・ディズニー・ピクチャーの新作映画『モアナと伝説の海』のサウンドトラックへの参加バンドに選ばれました。

Te Vaka(テ ヴァカ)の曲は劇中の印象的なシーンにいくつも使用され、映画のワールド・プレミアムでの演奏やグラミー賞への参加などでも注目を浴びることに。

その後『モアナと伝説の海』のサウンドトラックはアメリカン・ミュージック・アワードでトップ・サウンドトラックに選出。さらに『モアナと伝説の海』の使用曲とTe Vaka(テ ヴァカ)の代表曲を集めた『Te Vaka Greatest Hits / Songs That Inspired Moana』(『モアナ』をインスパイアした曲たち)というアルバムがウォルト・ディズニー・レコードからリリースされています。

まだまだ伝えたいTe Vaka(テ ヴァカ)の魅力

Te Vaka(テ ヴァカ)、そして彼らの音楽スタイル、ディズニー『モアナと伝説の海』とのコラボレーションについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の記事を書くにあたっていろいろと検索してみませたが、日本語でTe Vaka(テ ヴァカ)について詳しく書かれている記事はあまり見つからなかったので、この記事がたくさんの人に読まれるといいなと思います。

タヒチアンダンスに欠かせないドラム曲(しかも最高にかっこいい)を数多くリリースしていたり、使用されている言語についても今回おどろきの発見!があったり、まだまだTe Vaka(テ ヴァカ)については書きたいことがあるので、また記事にしていきます!

立川の「タチヒ・ビーチ」で夏の思い出づくり! 家族や友人とのお出かけにもぴったりです

みなさんこんにちは!

タヒチダンスフィットネスジャパン(TDF Japan)のMegumiです。

 

先日予告したとおり、立川のタチヒ・ビーチでTDF Japan初のDay Out(お出かけ)イベントを実施してきました!

 

行き方と、ららぽーとでの買い出しについて

JR中央線の立川駅からモノレールに乗り換えて、2駅の「立飛」。

モノレールから砂浜と書き割りの(笑)青い海が見えた瞬間からテンションが上がります!

立飛駅はららぽーとに直結していますので、その1階にあるスーパーで買い出しをしてから向かう方が多いようです。

ららぽーとから横断歩道を渡れば、そこはもうタヒチ…いや、タチヒ・ビーチです。

カートをそのままタチヒ・ビーチまで押して行くことができますよ!
(100円を入れる方式ですが、タチヒ・ビーチにカートの返却場所があるので、返却すればコインが戻ります)

ららぽーと前の横断歩道を渡るとすぐに看板が
大きな看板がインスタ映えします!

いよいよビーチ内部へ!

受付を済ませると、軍手やトング、ハサミ、ゴミ袋などが入ったカゴが受け取れます。

チケットはフェスなどと同じようなリストバンドになっていて、これを付けていれば出入り自由です。

(グループ内に遅れて参加する人がいる場合は、先に来ているメンバーが受付までこのリストバンドを持っていてあげる必要があります)

一箇所にまとめられているBBQコンロと炭のセットを各自取りに行き、指定のBBQピットへ。

BBQピットには8人がけのテーブルセットと、パーティーシェード。

日中の日差しも遮れるのが助かりました。

BBQコンロはシェード内ではなくシェードの少し外に設置するのがオススメですよ♪

夜になるとシェード内にはランプがつきます
夜になるとビーチサイドにはかわいらしいライトが!

オススメポイントと注意点

とにかく楽しい! まるで海外にいるような開放感と気持ちよさがありました。

インスタ映えは確実です。

BBQ道具は貸し出しなので手ぶらで行けるし、現地でのお買い物も便利なのでその気軽さもポイント高いですね。

気をつけるべきは…

– 休日の午前は予約が埋まりがちなので、お早めに!(2部入れ替え制で、私たちは16時〜22時のスロットしか取れませんでした)

– 夏は暑さ対策をしっかりと。クーラーボックスや保冷バッグに食材やドリンクを入れる必要があります

– 水着や着替え、タオルがあるとシャワーを浴びる必要が出たときに便利です

– 現地でBBQの材料を切る必要がある方は、ナイフをご持参ください(キッチンばさみとトングは貸し出しあり)

– 小さな紙皿と割り箸が人数分受け取れますが、取り分けようのはしやお皿は余分にあった方が良さそうです

– コップはありませんのでマイカップやマイボトルを持参するのがオススメです!(魔法瓶なら温度もキープできますね)

こんな写真も撮れちゃいます♪

以上、話題?のタチヒ・ビーチについてご紹介しました。

インスタ映えも狙えて、海外みたいな雰囲気でBBQも楽しめる、夏にぴったりの場所でした!

 

 

日本のタヒチへ行ってきます。立川・立飛にある「タチヒ・ビーチ」!

みなさんこんにちは!

タヒチダンスフィットネスジャパン(TDF Japan)のMegumiです。

 

今日はTDF Japan初のお出かけイベントで、生徒の皆さんとタチヒ・ビーチへ行ってきます。

そう、タチヒ!

タヒチじゃないよ(笑)

 

立川の「立飛駅」の前にある人口ビーチで、砂浜で遊んだり、BBQができたりする楽しそうな場所です。

タヒチアンダンスをやっているからには、初めてのお出かけイベントはここでやるしかないと思いました♪

 

タチヒビーチホームページより

本物の海はないから、濡れない、流されない、サメもクラゲもいない、安心ビーチ。(タチヒビーチHPより)

 

また後日、写真などを紹介したいと思います!