グリーンスムージーのススメ 朝の習慣で元気に、キレイに♪ ②

みなさんこんにちは!

タヒチダンスフィットネスのMegumiです。

前回、一日を元気に始めるための、そして美容にもいいこといっぱいの朝の習慣第一弾として、朝口にするものの順番について紹介しました。

(前回の記事はこちらから)

空気、水…これをしっかり体に取り入れたあとは、いよいよ「食べもの」。

今日は「朝ごはん」について、私が実践していることを紹介します!

 

朝ごはんを「食べる」という概念を捨てる

 

朝起きたとき、私たちの胃はカラッポです。

「朝食=Breakfast(ブレックファスト)」というのは、英語の語源を見ると分かりやすいのですが、「Fast(絶食)」を「Breakする(破る)」もの。

だから、一番体に届けたいものを摂るようにすることが重要です。

しかも効率よく体に届けられたらいいなと思いませんか?

 

そこでオススメなのは、グリーンスムージーです。

 

小松菜、甘夏、バナナのグリーンスムージー

 

スムージーは液体なのでカラッポの胃でも消化しやすく、加工や加熱をしていないから、生の野菜やフルーツに含まれるビタミンなどの栄養素や酵素がダイレクトに体に吸収できます。

この「消化しやすい」というのは特に注目した部分です。

私たちの体は、食べ物を消化する際にたくさんのエネルギーを消費します(お昼ご飯を食べたあと、オフィスで机に向かっているとものすごく眠くなるのもそのせいですね)。

野生動物はケガをしたとき、絶食してただじっとして回復を待ちますが、それは消化に使うエネルギーを体の回復に使うためなのです。

人間の体も同じで、朝ごはんにパンなどの加工物を食べるより、液体として栄養を摂取した方が体への負担も少なく、エネルギーを効率よく利用できます。

 

朝ごはんをグリーンスムージーにして得られた4つの効果

1. 内臓脂肪が減った!
2. 便秘と無縁の生活
3. 節約
4. 風邪を引きづらくなった

数年前までは、私も朝はふつうにパンなどを食べていました。

それをグリーンスムージーに切り替えたところ、体にうれしい変化があったのです。

 

おどろきだったのは内臓脂肪!

前年の健康診断で「やや脂肪肝」と診断されてしまった私の肝臓。

あるきっかけで朝食をグリーンスムージーに移行した翌年の診断結果では、基準値以下におさまっていました。

もちろんスムージーだけが原因ではないと思うのですが、ライフスタイルを変えた中でも大きな変化だったので、関わりがあると思います。

さらに便秘の解消にもなったり、風邪を引きにくくなったりという実感も。

 

朝グリーンスムージー生活の疑問にお答え!

 

「朝、スムージーだけなんて…お腹空かないの?」

確かに今まで食べていたパンやご飯を一切摂らずにお昼ご飯までガマン…と考えるととてもキツそうですよね。

論理上、人間の体は十分な栄養を摂取できている間はお腹が空かないものだそうです。

逆に栄養のあまりないものを食べていると、たくさん食べてもすぐにお腹が空いてしまうのだとか。バターを塗ったトーストを1枚食べただけだとすぐにお腹が空いてしまうのはそのせいかなと思います。

だから、栄養を効率的に吸収できるからスムージーならお腹は空かないはず、と言われているのですが…。

そこは人間、満足感や欲求などメンタルな部分が影響するため、やはりお腹は空くし、食べたい気持ちが出てきます。

そこで、私がシンガポールで会社員をやっていたときに実践していた、オススメのグリーンスムージーの飲み方はこちら!

① 朝はまずコップ一杯の白湯を飲む

② グリーンスムージを家で作り、ボトルに入れて会社へ持っていく。500mlくらい、たっぷり作るのがコツです

③ 午前中いっぱいかけて、そのグリーンスムージをオフィスで飲みます。500mlもあるとゴクゴク飲めるわけではないので、お腹が空いたらちょこちょこ飲むイメージです

④ 待ちに待ったランチタイム! 好きなものをたっぷり食べてハッピーになりましょう♪

* グリーンスムージーは水分ではなく、あくまでも「食事」です。スムージーと合わせてたくさんお水を飲むのも忘れずに!

* どうしても何か食べたくなったら、スムージーを飲み終わってから30分ほど空けて、添加物のないナッツやドライフルーツをつまむのが理想です。できれば加工品は避けましょう

シンガポール時代のオフィスがあったビルにはジャグジー・プール付きの屋上がありました(!)

「野菜やフルーツで自作するスムージー、お金かかりませんか…?」

スムージーに入れる葉物野菜はいつもオーガニックを使用していることもあり、知人からも「お金かかるでしょう?」と言われることがあります。

答えはNOです!

シンガポールでも日本でも、オーガニックの小松菜など葉物野菜は大体¥200前後。これで1〜2回分(2人分)のスムージーが作れますし、一人分だったら3回分にもなるかもしれません。

フルーツは大体いつも2種類入れますが、2人分でりんご一個、バナナ一本、キウイ1個くらいです。1人分ならその半分。この辺のフルーツならまとめ売りなどを利用すると1個¥100以下で購入できますよね。

なので私の感覚としてはスムージー一杯で¥200くらいでできているなと思います。朝ごはんに市販のパンなどを食べている人とそんなに変わらない予算ではないでしょうか?

さらに朝食のあとコーヒーやジュースを買う人もいるかと思いますので、それに比べればずっと安くすみます。

 

<まとめ>

– 朝起きたら、まず酸素を体に

– 次は水分をたっぷり。常温か少し温めた「お水」のみを

– グリーンスムージーで朝ごはんは食べずに「飲む」!

 

グリーンスムージーのレシピや作り方、必要な道具なども別の機会にまとめてみたいと思います♪

それではみなさん、良い一日を!

 

 

“グリーンスムージーのススメ 朝の習慣で元気に、キレイに♪ ②” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です